FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組体操

5月の晴れやかな季節!

「運動会シーズン」ですね!

*まだ10月に行われているところもありますが、
最近では5月にするところが多くなってきました。

先日、我が子の運動会がありました。
今年は「組体操」に取り組むことになり・・・・・

皆さんもよくご存知の通り・・・・・
近年、「組体操による子供の怪我」について論じられることが多くなり、
組体操の内容も、低層化(7段、8段の高さのあるものから、3段ほどへ)されるようになってきました。


実は、かなり前から、この「高さを競う組体操の考え」に
私は賛同できずにいたのです。

最近の子供たちの動きを見ていると、
自分一人の身体さえも十分にコントロールできない子たちが多くなっています。
その中で、他者の身体を十分に支えることができるのか?
非常に疑問を持っていました。

その中での「大技」
一歩間違えば、大きな事故になるのは必然です。

確かに「高さを見せる組体操」は圧巻です。
しかし、子供たちの能力を度外視していたことは確実だったと思います。

しっかりとした素地(子供たちの身体能力)を育ててあげる方が優先で、
教育現場で「見栄え」を追う必要はないはずです。

そして我が子の学校も、昨年度から高さをみせる「大技」はなくなりました。

しかし、先生方の工夫の賜物でしょう!!!!!!!
何とも、感動的な内容で、本当に素晴らしいものでした。

「高さを競うだけが、すごいことではない」と改めて実感させられた瞬間でした。

私自身も眼に涙を浮かべつつ・・・・胸がいっぱいでした。

組体操の構成、音楽、隊形などを工夫することで、
観客に感動を与えることできる。

先生方の努力、工夫に
そして子供たちの真摯な取り組みに

感動!!!

帰宅後、我が子の感想
「友達の力やバランスを借りて、自分も頑張って・・・
練習は大変だったけど、すっご~く楽しかった~!!!!」と

そうです!
自分一人ではできない技を、他者の力を借りつつ行うのが
組体操の醍醐味なのです。

小さな技でも極めれば、大技に劣らぬ「極技」になる。

「質」の大切さを感じた 暑い5月の一日でした!!!

スポンサーサイト
プロフィール

AT lesson  YAGI

Author:AT lesson YAGI
日常の何気ない疑問や湧きあがる考えを 気が向いた時に 載せていきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。