スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この春は・・・(といってももう初夏に入ってしまいましたが・・)

筍(たけのこ)を食することが多く、
旬の味覚を楽しんでいます。

特に、私にしては珍しく!!!!!!
生の筍をぬかであく抜きし・・・
皮をむいて料理する・・・
と、手間をかけているのです。。。。

今までは、すぐに調理できるように加工された筍を
食べるのがいつものパターンだったのですが、
この春は、もうすでに2度も大きな生の筍を使いました。

でも、この作業。なかなか大変!

筍をぬかであく抜きする際に適した「大きな鍋」が我が家にはないのです!
で、手持ちの鍋の中でもっとも大きい物を使い、
重たい筍をひっくりかえし・・・
熱湯が飛んでくるのを顧みず・・・
格闘しながらあく抜きするのです。

昔の人はひとつひとつの食材を
一から調理し、食卓にあげるまでに
時間をかけていたんだよな~~~なんて、
しみじみ考えてしまいます。

今は何でもすぐに調理できるようにしてあって
短時間調理!がベスト!とされていいます。
勿論、私もそうしたい!!

でも、筍を炊きながら、、、
「たまには手をかけるのもいいか・・何たって、旬!!だもん。」
とつぶやいています。

そして、やはり、旬のものは違うんですね。

炊いた筍を「これ美味しい!」とほおばって食べてくれる
家族の顔を見ると、

やった~!!

の春でした♪
スポンサーサイト
プロフィール

AT lesson  YAGI

Author:AT lesson YAGI
日常の何気ない疑問や湧きあがる考えを 気が向いた時に 載せていきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。